「レーザー照射装置の取扱い安全教育」を開催

「高速度カメラシステム FASTCAM SA-X2model 1080K-M3TT」の導入にともない、レーザー照射装置を扱う機会が多くなることより、10/24技術部の主催で安全教育講習会が開かれました。

講師には一般社団法人鳥取県産業環境協会より労働安全・衛生コンサルタントの“米田 明真”様をお迎えし、レーザーの基本的な知識、危険性と安全対策、現場での具体的な運用指導を受けました。この装置を使用される研究室、14名の方の受講がありました。

詳細内容は技術部 竹田さんまで(内線 4112)