初めての方へ

はじめに ※必ずお読みください

国立大学法人鳥取大学が保有する研究設備を学外の方に利用していただくため、学外公開設備を「大学連携研究設備ネットワーク」に登録しています。大学連携研究設備ネットワークに登録した本学の設備は、広く民間企業の方にもご利用いただけます。利用には申込者自身が測定する方法(相互利用)と、申込者の依頼により本学の職員が測定する方法(依頼測定)があり、設備により利用方法が異なります。
学外公開設備の利用を希望される方は「大学連携研究設備ネットワーク」へ利用者登録が必要です。また、民間企業の方は「大学連携研究設備ネットワーク」への登録の他、本学へも利用申し込みが必要です。

 

大学連携研究設備ネットワークへの利用者登録:全ての方が対象です
  • 国立大学法人に所属
  • 公立大学に所属:公私立大・企業等
  • 私立大学に所属:公私立大・企業等
  • 地方公共団体、地方独立行政法人、公益法人等に所属:公私立大・企業等
  • 民間企業の方:公私立大・企業等

鳥取大学への利用申し込み:民間企業の方が対象です
  • 民間企業の方

 

注意事項 ※必ずお読みください

設備を利用される際は、「鳥取大学大学連携研究設備ネットワーク登録設備利用に関する規程」のほか、以下の注意事項に従って下さい。

 

利用について
  1. 学内の利用が優先されますので、希望される日時に利用または測定をお受けできないことがあります。
  2. 利用者が、利用の承認を受けた目的以外に設備を利用すること、承認を受けていない第三者に設備を利用させることを禁止します。
  3. 設備管理者は、利用者が設備を扱うのに十分な資質を有していないと判断した時は、いかなる時点においても作業を制止できるものとします。
  4. 利用者が測定しようとする、または測定を依頼しようとする試料が不適切で、設備管理者が受け入れできないと判断した時は、承認を取り消します。
  5. 利用者は、設備管理者が関係法令に基づき行う指示および安全衛生管理のために行う指示を順守し、事故防止に務める義務を有します。
  6. 利用者が提出した試料は、原則として返還しません。返還を希望される場合は、事前に担当者に相談してください。
  7. 効率的な測定等を行うため、依頼測定であっても内容によっては利用者の立ち会いが必要になることがあります。

秘密の保持
  1. 設備管理者および利用者が、測定等により知り得た相手方の秘密、知的財産等を、書面による同意なしに公開することを禁じます。

結果の取扱い
  1. 利用者が測定等で得られたデータを公開する場合、本学の書面による同意なしに本学の名称(本学を特定することができる表現を含む。)を使用することを禁じます。
  2. 前記9に反して、本学名称を使用してデータを外部に公表し本学が被害を受けた場合、利用者およびその会社がその責任を負うものとします。

次のページに進む »利用の流れ